かえるのたてがみ

ぴょこの日常や、ノートや手帳についての記録です。

おしっこさんのこと。

3月13日、同居ハムスターおしっこさんが永眠しました。
もうじき3年目を迎えるところでした。

おしっこさんがいないアパートは、ひとりぼっちで寂しい限りです。


おしっこさんは4代目ハムスターです。
今までの3代もそれぞれ思い出深いのですが、
おしっこさんはこれまたとても個性的なハムさんでした。

ハムスターを購入するとき、
お店の人にどの子がいいか聞かれます。
ケージの中にウヨウヨいる小さいハムさん。
ハムスター初心者だった私は、店員さんにオススメの子を聞いて、選んでもらっていました。

店員さんは、おとなしくて、おっとりしてる子を選んでくれている気がしました。
ケージに手を突っ込んでも逃げなくて、こっちの様子をよく見ている子というか。
先代の3匹はそういう子達で、懐っこくて可愛かったのです。

おしっこさんはというと。

ケージの中にウヨウヨいる小さいハムさん達。
店員さんが手を突っ込むと、みんな一斉に動き出します。すばしっこく逃げ回ったり、一箇所に固まったり。
おしっこさんは、そういう動き回る他の子たちに、
踏んづけられ、上に乗っかられて、
ひっくり返ってギャーギャー鳴いて、怯えてフリーズしていた子でした。

店員さんには、ほんとにこの子でいいですか?と聞かれました。むちゃくちゃ臆病で、他の子より小さくて、オススメという感じではなかったからですかね。
でもなんだか、おしっこさんに運命を感じて、この子で!!
と連れて帰ったのです。

おうちに到着し、箱からおしっこさんが出てくるのを待ちました。
エサも小屋も水もお布団も完璧に用意してあるのに全くもって出てきません。
こういうとき、箱をひっくり返したりするとイカンので、ケージの上にタオルを被せて暗くして、しばらくほっときました。

しばらく、といっても尋常じゃなく時間がかかりました。夜行性ということもあって、箱から出た形跡はあるものの、私がケージを見ているときには箱から全く出てこないという状態。
箱入りおしっこのまま、何度かお掃除もしました。
タオルを取り外して様子を見て何日か後、
やっとやっと箱から顔を出してこっちを見ているおしっこさん発見!!

f:id:ppppyokoooo:20160315201520j:image

この!!
匍匐前進!!!wwww
カメさんのようにものすごい低姿勢で這って出てきました!!完全なる警戒心!!最強の拒絶タイプ!!

しばらくこんなツンデレおしっこさんとの日々が続きましたw
これもこれで可愛かった。
手乗りにはならない子かなーと思ってました。

f:id:ppppyokoooo:20160315201803j:image

色々面白い格好をする子で、
これは土下座のようでしたw
夏場は暑くてダルダルなかっこをして寝ていました。だんだん慣れてきて、掃除のときなんかは捕まえることもできるようになったり、
手からエサを食べるようになりました。

f:id:ppppyokoooo:20160315201947j:image

むくむく太りましたw

f:id:ppppyokoooo:20160315202009j:image

色々あげすぎたかも。。。
なんかどうしても、寿命が短いことも知ってたりすると、好きに食べさせてあげたくなっちゃう悪い飼い主です。

f:id:ppppyokoooo:20160315202115j:image

これは事故!!

f:id:ppppyokoooo:20160315202131j:image

かわいいなぁ。。

f:id:ppppyokoooo:20160315202144j:image

乗り!!

この頃はもうだいぶ慣れて、手乗りもスイスイでした。
目がクリンクリンで可愛いのですが、しょっちゅう目が病気になりました。
マイボーム腺なんちゃら、とか、
引っ掻いたのか赤くしてたり、
最期は眼窩膿瘍と言われましたが、目から膿が出て目があかない状態だったり。

f:id:ppppyokoooo:20160315202521j:image

動物病院にも何回かかかりました。
よく慣れてますねー!!!
大きい子ですねー!!!
と、女医さんに言われて、ナデナデされ、
女医さんの掌の上でモチペタになっていたおしっこさんはかわいかった!

f:id:ppppyokoooo:20160315202652j:image

アパートに帰るとまず、
おしっこさーん、ただいまー!
と声をかけ、
ツンデレなおしっこさんはエサがまだある日はお迎えしてくれず、
エサが欲しいと柵をがっつり持ってこっちを見て待っててくれたり。

掃除機が怖くてジージー言ったり、
回し車を激しく回しすぎてトイレの小屋の端っこと回し車がぶつかって一晩中ものすごいお祭り騒ぎだったり、
ケージの狭い隙間から脱走して、コタツの中でヌクヌクしているところを発見されたり。


あぁ、長いようであっという間だったこの2年間でした。
おしっこさんのおかげで、新しいアパート、新しい職場、新しい人間関係、色んな私の人生の分岐点を乗り越えてこれました。

おしっこさん、ありがとう。
いつか私がそっちいったら、またツンデレされるだろうかw

f:id:ppppyokoooo:20160315203316j:image

5代目もきっとお迎えすると思いますが、
もうちょいおしっこさんとの思い出にふけっていたいと思います。

f:id:ppppyokoooo:20160315203536j:image